アトレ竹芝 | アトレ -atre-

atre TakeShiba Logo

ダイアログ・ミュージアム 対話の森ダイアログ・ミュージアム 対話の森

ダイアログ・ミュージアム 対話の森

ダイアログ・ミュージアム 対話の森

感性が動く、五感が広がる。
自分のなかの何かが変わる。

3つの不思議なエンターテインメントを体験できる、
ダイアログ・ミュージアム 対話の森。
そのなかの1つである「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」は、1988年ドイツ発祥。
これまで世界50か国以上で開催され、
900万人を超える人々が体験している真っ暗闇のソーシャルエンターテインメントだ。
続いて、静寂のエンターテインメント「ダイアログ・イン・・サイレンス」、
世代を超えた対話を楽しむエンターテインメント「ダイアログ・ウィズ・タイム」が誕生。
どの「ダイアログ」も、“多様性”を“楽しみながら”理解していくことを目的とされている。

シアター棟1F

営業時間 : 11:00~21:00

電話番号 : 03-6231-1634

ダイアログ・ミュージアム 対話の森ダイアログ・ミュージアム 対話の森

message

メッセージ

異なる文化・立場・世代を超えて
すべてが対等になれる世界に。

自分の知らない世界を訪れ、その文化を知ると、大きな発見があります。私たちは、性別、肩書、見た目、障害の有無による先入観にとらわれがちですが、3つの体験型エンターテイメントを通し、楽しみながら本当の意味での対等を考えるきっかけを作っています。
「対話の森」は、お一人でのご参加もおすすめしていますが、親子や恋人、ご夫婦など、関係が深い方と一緒に体験されると新たな一面を発見できると好評です。以前、ご高齢のご夫婦が「ダーク」を体験されたとき「暗闇の中で夫の声を聞いたら夫から初めて電話がかかってきたあの時の声を思い出した。とてもうれしかったのよね。」と仰いました。視覚という、五感のひとつを断つことにより、ほかの感覚が突出されたのでしょう。本ミュージアムは、アトレ竹芝が提案している、「感性に、遊び場を。」のフレーズにぴったりの場所だと思います。ぜひ、本ミュージアムを通じて、あなたの感性を更に高めてみてください。